歌舞伎役者さんの言葉

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。

春分の日の昨日は暖かかったのに、今日は寒い雨の日になりました。
こんな日は、同じことを繰り返すような単純作業に集中するのにぴったりです。


ーーーーーーー

私には、「今日は雨かぁ。イヤだなあ…」と思った時に、必ず同時に思い出す光景があります。


何年か前に、ある歌舞伎役者の方とお話しする機会がありました。
渋谷の高層階のカフェの窓際で、その方と知人と3人でお茶をしていたのですが、その日は雨で、外は白くけぶった景色が広がっていました。

「最近雨ばっかりで嫌になっちゃうよね。ほんとならもっと景色が綺麗に見えるのに・・・」

知人がうんざりした表情で言いました。

するとその歌舞伎役者の方は
「そうかなあ。雨もいいじゃないの。しとしとしとしと・・・」
頬杖をつき、静かにそう言いながら、嬉しそうに外を眺めているのです。

そのシーンがまるで映画のようで、うわーこれは素敵なものを見てしまった!と心の中で思いました。
その役者さんの周りだけ、浮世離れした空気で切り離されているみたいに感じました。
​歌舞伎に興味を持ち、よく観に行っていた頃でもあったのですが、あの舞台とお稽古を日常とする方はやはり感性も醸し出す雰囲気も違うのだなぁと思いました。


それ以来、「今日は雨かー・・・(ため息)」と思うと同時に、あの素敵な
「雨もいいじゃないの。しとしとしとしと・・・・」
を思い出して、私も余裕の微笑みをもって言ってみたいものだと思うようになったのです。

そうは言っても、やはり朝からカラッと晴れていた方がやる気もみなぎるというものですが、「雨の日も情緒があって心を落ち着かせられる良い日なのだ」と思うことが出来るようになった体験でした。

それではまた。

ーーーーーーー


椿屋OFFICIAL WEBSITE

●椿屋ONLINE SHOP

iichi

creema 

Etsy 

春休みとさくら貝


着物ドレスの椿屋です。こんにちは。

淡い色がよく似合う季節になってきました。
今日は、毎年この時期になると思い出す、春休みのことを書きます。

 
ーーーーーーー
先日、鎌倉材木座の海岸でさくら貝を拾いました。
本当に美しくて、うっとり見入っていしまいます。
材木座で拾ったのは初めてですが、春の海岸では「さくら貝落ちてないかな?」と反射的に探してしまうのです。

中学校3年生の春休み、仲良しの友達と3人で
「始発にのって、終点まで行こう!」という計画を立てました。
それぞれに希望校へ進学も決まり、受験から解放されて晴れ晴れしい気持ちの頃でした。
もちろん日帰り、乗ったのは名古屋の名鉄です。

何となく、海が見えたらいいねーくらいの気持ちで、「ふらりと旅に出る」みたいなことをやってみたかったのです。

券売機に表示された、一番高い切符を買って(当時で1500円しなかったような?)知多方面へ行く電車に乗りました。
とてもお天気のよい日で、名古屋市内を抜け、春の田舎の景色の中をどんどん走ってゆき、終点に着きました。

改札を出て商店のおばちゃんに海へ出る道を聞き、しばらく歩いていくと、海が見えてきました。
「海だ〜〜〜!!」
名古屋市内で育ってきた私たちには、名古屋港以外の、海岸を歩ける海はとても新鮮だったのです。

砂浜に降り立つととても気持ちよく、裸足で歩きたくなって、タイツをはいてきたことをちょっと後悔しました。
風が強くて、ミニスカートをはいてきたことも後悔しました 笑

その浜辺にさくら貝がたくさん落ちていたんです。本当にたくさん。

「なに?この綺麗な貝?桜みたいだね。あ、もしかしてこれがさくら貝ってやつじゃない?」
初めてさくら貝を見たのはこの時でした。

いっぱい拾って、ハンカチに丁寧にくるみました。
綺麗なものをたくさん手に入れた嬉しさで、大満足でした。

お弁当を食べて、あとは何をしていたかというと、特に記憶にありません 笑
でもとにかく、ペラペラペラペラ喋り続けては、ケラケラケラケラ3人で笑い転げていた覚えだけあるのです。
中3の女子3人でいたら、まぁそんな感じですよね 笑
午後になるとだんだん陽が陰って寒くなってきて、またペラペラしゃべってケラケラ笑いながら、家路に着きました。

さくら貝は、綿の上にお花の形に並べ、透明のケースにいれて祖父と祖母にプレゼントしました。
ずっと玄関に飾ってくれていた覚えがあります。
 
鎌倉の由比ヶ浜はさくら貝で有名だと、昨日ネットで見て知りました。
由比ヶ浜に入るところに「さくら貝の歌」の歌碑というのもあります。
何か建っているのは知っていましたが、さくら貝に関するものだとは知りませんでした・・・
「かつては、波打ち際がピンクに染まるほどだった」そうです。
すごい!と思いましたが、私たちが行ったあの浜辺も、ふわ〜っとピンク色の道が出来ていたのを思い出しました。

さくら貝の中身は食べられるとか、普段は内湾の干潟から水深約20mくらいの海底に住んでいるのだとか、「さくら貝」と一括りに言っているけど実は何種もいるとか、「そうなの〜!」とびっくりすることも昨日同時に知りました 笑

 
そんなこんなで、さくら貝を見ると、幸せな想い出がよみがえってくるのです。
春の海岸ではついつい探してしまうのです。

花にまつわる想い出とか雲の様子を見るたびに思い出すこととか、そういうことって年を経るごとに増えていきますよね。
自然やあたりまえの生活の中にちょっとした楽しみを見つけることは、心が豊かになりますし、後に幸せな想い出となって自分を癒してくれることもあるんだな、と思う今日この頃です。

それではまた。
ーーーーーーー

椿屋OFFICIAL WEBSITE

●椿屋ONLINE SHOP

iichi

creema 

Etsy 

着物ドレス「刺繍の牡丹・絽の黒留袖」

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。
​今日はオーダーでお受けしたドレスのご紹介です。

---------

​絽の黒留袖から作りましたドレスです。
​裏地に赤を使って、うっすらと赤い生地が透けるようになっています。


お身内の結婚式に着物でご出席されたかったそうなのですが、小さいお子さんと一緒にということもあり、着物着用は諦めていらっしゃいました。
そこで「着物が着られないのなら、着物で作った洋服はどうだろう?」と思われたそうです。
最初はブログを通してのお問合せでした。

真紅の牡丹の刺繍がとっても可愛いんです!

花弁部分に少しアクがあったので、そこは金糸を上から刺繍してより華やかに変身させました。

 

「華やかな刺繍が入ったものが好き」「黒留袖で」・・・生地のお好みについてはざっくりこんな感じでお伺いし、何点か着物の画像をお送りして選んでいただき、デザインは絵を送りあって決めていきました。

​先のケープワンピースのお客様もそうなのですが、オーダーから納品まで全てメールやメッセンジャー、LINEなどでのやり取りのみで進めました。

FAXやお電話でももちろん大丈夫です。

オーダーをお受けするたびに思うのですが、ご多忙な方がとても多いのです。
​ですから、出来るだけお送りする内容をまとめて、やり取り回数を少なくするように心がけています。

 

オーダーの流れですが、

デザイン決定・お客様より採寸表を元にサイズお送りいただく

椿屋より試作品(仮布)を郵送​
​↓
修正部分を教えて頂き、大幅修正の場合は再度試作品を椿屋より郵送

着物地で制作・納品

ざっくりとですが、このような流れです。
(詳細はこちらWORK FLOW

 

これはベルト部分の飾り。

​このビーズのついたベルト以外に、リボン結びできるようなベルトもあったらとのことでしたので、今度追加納品いたします。
​このような感じで、着用後にちょっとずつカスタマイズしていくのも良いなぁと思います。
​せっかくその方のためだけにお作りする一点ものですので、色々なシーンで、その時々の着方で、長く楽しんで頂けたらと願っています。

 

それではまた。

 

ーーーーーーー

 

椿屋OFFICIAL WEBSITE

●椿屋ONLINE SHOP

iichi

creema 

Etsy 

鎌倉光明寺『寺つど』

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。
今日はイベントのお知らせです。
 
ーーーーーーー
今月3/25(土曜)鎌倉市材木座・浄土宗大本山 光明寺にて『寺つど』というイベントが行われます。
これは「浄土宗神奈川教区青年会」の主催で、若いお坊さん達が作っているイベントです。
飲食や物販も色々ありますので、私も毎年桜の下で飲んだり食べたり、ちょっと物販に参加してみたり、ゆるりと楽しい時間を過ごしています。

毎回パフォーマンスもジャンルが様々で面白いんです!

「開山堂」にて美醜さんと日巫女∞ヒノミコ∞さんというダンサーさんが14時から踊られるのですが、そこでちょっと、衣装?小道具?のお手伝いします。
「?」がついているのは、まだまだあれこれやりとり中だからです 笑
ちょっと実験的かつ懐かしい感じ。舞台衣装製作をしていた頃の感覚です。

ダンサーさんのお手伝いとしての参加というのは初めてですが、楽しく準備しています。
日ごろからお散歩コースでもある身近なお寺ということもありまして、少しでも盛り上げることに協力できたらという気持ちもあります。

​美醜さん
観音=音を観るという感覚で、 神社仏閣や、 イベントなどで活動している ダンサーであり、観音さまです。
モデルやきもの普段着家としても活動している、愛すべき衣装オタクでもあります 笑

美醜さんはお寺での「奉納舞い」や世界観のある踊りで、あちこちのお寺イベントや催しもので引っ張りだこの方なので、もうそこだけで十分に見応えはあります。

​『赤城の聖地に住まい、世界中を巡る
波動系ボイス&クリスタルボール奏者の
ひのみこ恵さんと、
若き僧侶達による荘厳な読経と、
美醜観音舞のコラボレーション』
​(美醜さんFBページより転載)

とのことですので、これまた楽しみです。
せっかくお声掛けいただいたので、私も何か華を添えられるようなものができないかなぁと思案・実験中です。

ここが今回のパフォーマンスの舞台となる「開山堂」。優しい色合いの空間です。

 
晴れの日を迎えられる方や、何かしらの表現をする方、様々ではありますが、やはり誰かの「ここ一番!」というときに着られるものを作るのが、私は楽しいです。
 
以下、『寺つど』公式ホームページより詳細の転載です。
 
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇
 

「お寺は葬儀・法事をするところ」、そんな風におもっていませんか?

たしかにそのようなイメージもありますがお寺を会場としていろいろなイベントも行なわれているんです!

浄土宗神奈川教区青年会では、一般の方々にお寺に慣れ親しんでもらうため、まずは楽しいことを目的にお寺に足を運んでもらおうと、【寺集〜てらつど〜】を平成25年(2013)創立40周年を記念して開催いたしました。

その【寺集〜てらつど〜】をふたたび開催いたします。

会場は前回と同じく浄土宗大本山 光明寺として、2日間行われる光明寺の「観桜会」のうち1日に併せて開催いたします。

華やかな桜のなか、さまざまなイベントを楽しんでいただければとおもいます。
 

日時: 2017年3月25日(土) 10:00〜16:00
場所: 鎌倉光明寺 〒248-0013 鎌倉市材木座6-17-19
主催: 浄土宗神奈川教区青年会
協力: 大本山光明寺
浄土宗神奈川教区

 

入場料は無料です!
雨天決行・荒天の場合は中止。

 

 

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇
 

 

お近くの方、桜を観に鎌倉までお越しの方、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
​きっと楽しい春の一日になりますよ!


それではまた。

ーーーーーーー


椿屋OFFICIAL WEBSITE

●椿屋ONLINE SHOP

iichi

creema 

Etsy 

ケープワンピース:卒業式

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。
​だいぶ春らしい日々になってきましたね!
 
---------
​先日ケープワンピースを納品いたしましたお客様から、お写真を頂きました。
s-sama
お嬢様の卒業式にお召しになられるとのことでしたので、私もお写真頂くまでそわそわしていました。
s-sama2
朝からお天気も良く春らしい​日で、​素敵な卒業式だったことでしょう。
こんなふうに、晴れの日を一緒にお祝いさせて頂く感じ、この仕事をしていて幸せだと感じる瞬間です。
お嬢さまのこれからが益々楽しみですね。
S様、おめでとうございます!
s-sama dress1s-sama dress2
春爛漫という感じの振袖から作りました。
​鞘型の地紋の入ったつややかなシャンパンゴールドで、とても春らしい感じです。

 
そして・・・今日は桃の節句ですね。
世界中の女の子の健康と心から幸せをお祈りしています。
さらりと書きましたが、本当にそう願っています。

祖母が3月3日生まれだったのですが、「お雛様の日だからって『雛子』って名づけられちゃうところだったのよ」と言っていて、私が「えーそれだって可愛いじゃない」とやり取りしたのを毎年思い出しては、懐かしい気持ちになります。
 
3月の異名「弥生」は、草木が「いよいよ生い茂ってくる」という意味の「弥生(いやおい)」が転じたと言われているそうですね。
外に出ると沈丁花の香りや水仙の香りが楽しめる時期になりましたし、桜のつぼみや様々な木の芽がプクプクと膨らんできているのが見られるようにもなってきました。
まさに「いよいよ春!」という勢いを感じます。
​年度末という気ぜわしさもありますが、それ以上にやはり本能的に「芽吹いてくる自然」に気持ちが湧き立つ感じがしています。

今月、3月25日には、鎌倉市材木座にあります浄土宗大本山光明寺のイベント『寺つど』に参加します。
浄土宗神奈川教区青年会主催、若いお坊さんたちが企画している楽しいイベントです。
​「観桜祭」との同時開催です。

次回詳細お知らせします。
それではまた。
 
ーーーーーーー
 

椿屋OFFICIAL WEBSITE

●椿屋ONLINE SHOP

iichi

creema 

Etsy