着物ドレス コラボレーションコンサート

着物ドレス 丸帯
着物ドレスの椿屋です。こんにちは。

今日は夏に開催予定のコラボレーションイベントのご案内です。

ーーーーーーー
 

 

まだ少し先ですが、8月19日(土)に東京都西多摩郡瑞穂町にあります「耕心館」にて、コラボレーションコンサートを行います。

 

バイオリニストの北門郁子さんとの、念願のコラボレーションです。

ピアニストは仁上亜希子さん。

椿屋はお二人の衣装を作ります。

1階の展示室にて椿屋展示会も同時開催予定なので、詳細はまた追ってご紹介したいと思います。

 


北門郁子ちゃんとの出逢いは小学校3年生のとき。

お互い出逢った土地からはその後引っ越し、SNSがなければ再会は難しかったかもしれません。

ドイツ在住の彼女(以下:いくちゃん)がネットで和風のコンサート衣装を探していて、偶然私のホームページを見つけてくれたのがきっかけとなりました。

 

SNSで交流再開後、いくちゃんがコンサートで日本に帰国した際に、東京で再会しました。

コラボレーションが出来たらいいねと話したのが2015年の夏、そこから2年後となる今年の夏にいよいよ実現します。

 


いくちゃんは2016年12月からドイツ・トリーア市立歌劇場管弦楽団の副コンサートマスター(契約団員)をしています。

ちょうどこのコンサートのタイトルなどをやり取りしているタイミングでこの報告があり、大興奮しました。

 


素晴らしい経歴を持つ彼女ですが、持って生まれた才能ももちろんのこと、たゆまぬ努力の上に今の活躍があるのであろうことを思うと、彼女のステージをより良く見せるドレスとは・・・色々考えては調べ、調べては描き、考察・創作いっぱいの楽しい制作です。

 


コンサート用に作るドレスは、彼女たちの好みや希望も訊きながらデザインを考えていくわけですが、会場となるホールは古い歴史のあるところなので、演奏する曲の背景や時代など、そんなことも意識したものが作れたらと考えています。

バイオリン・ピアノのこと、演奏される曲の作られた背景、耕心館の歴史、素材とする着物の作られた時代背景・・・
さまざまな視点から「文化」を意識することが、私自身の内なるテーマとなりそうです。

着る人の個性、背景や興味のあるもの、当日の会場を念入りにリサーチしていくウェディングドレスの制作と重なる部分も多いです。
制作を依頼されたら、気になることはとにかく何でも調べる、調べる、調べる・・・
そうすると、色々とアイデアが湧いてきます。

テーマは「音を纏う」。
年末に内容についてあれこれとやり取りした中でいくちゃんが思いついてくれました。
着物のしなやかさを生かしたドレスを作れたらと思っている私の気持ちにもぴたりと添う表現です。

このコンサートが決まってから、日常で流れてくる音楽の中にバイオリンの音があると際立って聴こえるようになりました。
知らないことを調べていくのは楽しいですし、つくづく世の中は知らないことばかりだと思い知らされます。
意識すると見えてくるもの(聴こえてくるもの)があることも面白いです。

コンサート会場となる耕心館2階のホールは、かつて養蚕業が営まれていたこともあったという空間です。
原型は江戸時代末期の築造という、いわばスーパー古民家です。
「守られた伝統、繋ぐ文化、生まれる芸術、ここから。 心を耕すことが大切と『耕心館』と命名され」たそうです。

とても素敵で共感を覚えました。

 


打ち合わせで一度だけお邪魔しましたが、大変雰囲気のあるところでした。

ステージの背面は大きなガラス張りで、勢いよく茂った8月の緑の中でのコンサートになるのだろうなあと想像しています。

開始は夕刻なので、どんな雰囲気になるのだろう・・・

次の打ち合わせの際に伺ってきたいと思っています。

 


このコンサートのことは、また進展がありましたらお知らせいたします。

それではまた。

 


ーーーーーーー

 


椿屋OFFICIAL WEBSITE

●椿屋 ONLINE SHOP

iichi

Creema

Etsy

 

「地味な色こそ流行の先端」の江戸後期〜明治時代

着物ワンピース 黒留め

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。
 

前回ご紹介した「Kimono Beautyーシックでモダンな装いの美 江戸から昭和」の中に、江戸時代に流行った「シックな色」のことが紹介されていました。

今日はそのことをご紹介します。


ーーーーーーー

 


鮮やかなイメージのアンティーク着物ですが、江戸時代後期から明治時代の初めころは、若い女性の着る着物は振袖ですら地味な色が多かったそうです。

黒やシックな色の洋服が好きな人は現代にも多いですよね。

一つのアイテムにカラーバリエーションがある場合、黒・グレー・茶のどれかが入っていることもふつうです。

コーディネートしやすく、着ていて気分が落ち着く、というのは人気の理由に入りそうです。

 


高価な地質・染料、派手な色の使用が制限されていた江戸時代後期、制限外の色である、茶、鼠、納戸(緑色を帯びた深い青色)などから流行色が生まれやすかった、というのが、シックな色が流行った背景にあるようです。

とくに江戸では洒落で粋を好む美意識が育ち、茶系統の色も江戸時代を通して流行していました。

 


江戸時代中期以降は「○○鼠」と称する色がいくつも登場し、鼠色のバリエーションが豊富になり、江戸時代の人々はほんのわずかな色の違いにこだわり、それを楽しんでいたそうです。

「現代の感覚では『地味』に見える色こそ流行の先端だった」とあります。

鼠色=グレーのバリエーションが豊富だなんて、なんて繊細で洒落た流行なんだろう!と思わずにいられませんでした。

 


大量生産の服の中からの服選びが主流の現代では、「わずかな色の違いにこだわり」という感覚はあまりないように思います。

いや、もちろんある方もいらっしゃると思いますが、なかなか工夫が必要のように感じます。


明治40年代になるとだんだんと鮮やかな色も流行るようになってきて、現在に見られるアンティーク着物のイメージの紫などに人気が移っていったようです。

 


面白い記述がありました。

大正5年に発行された『風俗画報』のなかで、40歳近いある婦人が

「わたくしが嫁に来た時分の衣服(きもの)を一つ二つ出して見ましたが、今じゃ地味で着られません」

と言った、というものです。

 


若いときの着物が派手で着られない、なら今だってよくある話ですよね。

でもこの方のように、若いときに地味な色が世間で流行っており、40歳近くなったときにはもっと明るい色が一般的になってしまった、ということもあったわけですね。

そういった色の流行りの移り変わりの中にあった人ならではの言葉だなあと、面白く感じました。

 


「時代の移り変わりとともに街の景観は変わり、人の趣向も変化していく。そして道行く人々がまとうきものも、着実に変貌していったのだ」
と結ばれています。

土地や気候が「人の性質・気質」をつくるんだなと思うことがよくあります。
様々な国の人たちの絵やアート作品を見てもそう感じます。
ヨーロッパらしいとか、アフリカらしいとか、そう感じるものもその一つです。
色に対する感覚はやはり、周りの環境や世の中の雰囲気で変わりますよね。​

学生時代時代に、教室を見渡すと「あれ、今日は黒っぽい服が多いな」「おや、今日は赤の服が多い」なんて思うことがありまして、天気や気温、曜日の雰囲気なんかで、人が無意識に選んでしまう色ってあるのだろうか、と思ったことがありました。
深層心理にある「今日はちょっと閉じた気分」「今日は前向きでいきたい」というおもいが関わったりするのかもしれませんね。

華やかな色の着物に溢れた大正〜昭和初期という時代に大変興味を持っています。
でも、現実にはシックな色の服を着ることの多い私には、この江戸後期〜明治という時代の感覚にもまた新たに興味をそそられました。

 


それではまた。

 


ーーーーーーー

 


椿屋 OFFICIAL WEBSITE

●椿屋 ONLINE SHOP

iichi

Creema

Etsy

 

『Kimono Beauty』

椿屋 着物ドレス

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。

今日は、江戸中期から昭和初期までの着物のことが色々とわかる本のご紹介です。

 


ーーーーーーー

 


『Kimono Beauty』
 

 

いま読んでいる本が面白いです。

図書館でたまたま見つけたのですが、どうやら2013年に5都市(千葉・福岡・奈良・島根・群馬)の美術館で開催された『Kimono Beautyーシックでモダンな装いの美 江戸から昭和』という展覧会の図録として出版されたもののようです。

 


江戸時代中期から昭和時代初期に至る約200年間のきものを通史的に紹介しています。

帯や髪飾り、また絵画に見るきものの美や日本女性の美意識といったものまでもが、写真と文でわかりやすく説明されています。

 


図書館で何となく手に取りパラパラと見たときに、昔の着物の写真と上村松園・鏑木清方・高畠華宵といった自分の好きな画家たちの絵が一度に見られていいなあと思い、借りてきました。

さらりと眺めようというつもりでしたが、文章が興味深くてついつい読み込んでしまいます。

着物が西洋で知られるようになった流れも載っていました。
「着物」という決まったデザインの中に、染めや織りで表現される繊細な色柄は、華やかなドレスを着る文化の人々の目にさぞ興味深く映ったのだろうと思いました。

富裕層の間では、日本から渡ってきた着物を布に戻し、洋服に仕立て直すという流行が広がったこともあるようです。
「典型的な江戸後期の上流武家階級の小袖は、とりわけ女性たちに好まれた」
とありました。

制作が色々あって、返却期限までにはゆっくり読めそうにありません。
Amazonでも見つけたので買ってしまおうかなあと悩み中です。
この手の本を検索し始めると、欲しい本が次から次へと出てきて本当に悩ましいです・・・

それではまた。

ーーーーーーー
●椿屋 ONLINE SHOP
Etsy

東京国立博物館 『春日大社 千年の至宝』展

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。

先日、上野の東京国立博物館「春日大社〜千年の至宝〜」展へ行きましたので、今日はその感想文です(かなりピンポイントです)。

ーーーーーーー

世界遺産・春日大社の素晴らしいお宝を一堂に見られる展示なのですが、中でも多く見られる動物のモチーフにフォーカスを当てていて、とても親しみやすい印象でした。

 

たくさんの「春日曼荼羅」や仏像、細かい細工の施された至宝の数々はため息の出るほど美しく、信仰心、素晴らしい職人技、権力・財力の象徴・・・いろんなものを感じました。
 

 

印象的だったものについて一つ一つ書いているとものすごく長くなってしまうので、個人的に気になった「瑠璃灯籠」と「梅花皮」のことだけ書きます。

●「瑠璃灯籠」
お正月などの特別な時にだけお社の入り口につるされる、瑠璃色の灯篭です。
瑠璃=ラピスラズリのことだと思っていましたが、この灯籠の「瑠璃」は、直径2伉の青緑色のガラス玉でした。
まさにガラスビーズです。
灯籠の紙を貼る部分に約2万個、すだれ状に瑠璃玉がはりめぐらされています(瑠璃灯篭、で画像検索すると出てきます)。

灯篭が灯された光景を模したものが展示されていましたが、朱と緑が印象的なお社に、青い光が浮かんでいる様子は実に幻想的で、実際に春日大社で見てみたいものだと思いました。
年に二回の「万灯篭」の様子も紹介されており、影絵の世界に迷い込んだような美しさだろうなあと想像しました。
※写真は灯篭のコーナーで写真OKの場所で撮りました。

●「梅花皮腰刀」
「梅花皮(カイラギ)」…カイラギザメの皮の上に漆を塗り、研ぐと梅の花のような模様が出てくることから付けられた名前だそうです。
刀の持ち手のところにこの「梅花皮」が施されています。
梅花皮、刀や骨董に詳しい方ならご存知の方も多いのかもしれませんね。
 
サメの皮なのに「梅花」の名前が付いていることにまず興味をひかれ、サメの皮に漆を塗って研ぎ出すなんて、誰がどのようにしてそのような技法を思い付いたのだろうか…、皮に漆を塗って磨くというのがそもそも職人の中では一般的(?)な発想だったのかしら…など興味をそそられました。
あの刀を見てからずっと、もう少し詳しく知りたい気持ちが膨らんできています。

「至宝展」ですから、金属から布に至るまでそれは豪華なものがたくさん見られましたが、大変偏った感想文になってしまいました。
詳しくはこちらをどうぞ↓

それではまた。

---------
●椿屋ONLINE SHOP
Etsy

チェコガラスボタン

着物ドレスの椿屋です。こんにちは。
今日はチェコからやってきた手作りのボタン「チェコボタン」をご紹介します。

---------

着物を洋服やドレスにする際にいつも意識しているのは「『洋』の雰囲気に仕上げたい」ということです。
そんな想いを叶えてくれるスペシャリストな存在「チェコボタン」。

世の中には様々な種類のボタンがありますが、椿屋の一番のお気に入りはこの「チェコボタン」です。
美しいガラスに繊細な模様が魅力的な、チェコ共和国からやってきたガラスボタンです。
職人の手によって一つ一つ手作りされているのだそうです。

ボタン選びはとても楽しい時間です。
生地と同系色にしようか、それともボタンをアクセサリーのように目立たせてしまおうか…
生地が花模様だから、ボタンの柄は蝶にしようかな、鳥の方がいいかな…あれこれ楽しく悩みます。

裏を見ると手で施したとわかる彩色に、遠くの地で自分と同じように日々机に向かい機械(私はミシン)に向かい、ものづくりにいそしむ人がいるのだと、想像が膨らみます。
着物もそうなのですが、「私の手元にやってくるまでのストーリー」を感じられるものに強く惹かれます。

椿屋ではこれまでは直径2.7僂梁腓めのボタンをコートに使うのが主流でしたが、小さなボタンをワンピースやドレスに使うのもやってみたいなあと考えています。
私はこのボタンを宝物のように大事にしているのですが(最終的にはお客様の元へいきますが)、いつかこのボタンたちを作っている工場を見学しに行きたいとまで思っているほどです。

---------
先日、上野の東京国立博物館「春日大社 千年の至宝」展に行ってきました。
次回はそのときのことを書いてみたいです。
それではまた。

椿屋 OFFICIAL WEBSITE
椿屋 ONLINE SHOP
iichi
Creema
Etsy